パッシブ・アトリエ的女性建築家

パッシブ・アトリエ的女性建築家 松戸久美子

パッシブ・アトリエ的女性建築家 松戸久美子 デザインだけではない、大きな空間で自由な発想ができることを必要としているわけではない。建築家として、選んだのは自然との融合&利便性の本質を追求していくこと。

「どんな空間でもその人にとって心地よい場所であれば・・・」

そんな思いから賃貸住宅をはじめ、分譲マンション、木造個人住宅のリノベーションを手掛けてきた。

クライアントの意思を確認して、「シンプルライフ」「ナチュラルライフ」「セルフメディケーション」のキーワードから、繰り出す創造力は彼女の誰にも真似のできない持ち味である。

身体が健康であることは、どんなことにも代えがたい。

その健康と建築を切り離して考えることはできない。

シンプルだけど飽きのこない空間は、コストという壁を無視することなく、クライアントの考えから、潜在的に存在しているイメージを引き出していく。

建てる側のメリットを考えていくと、住む側のメリットはとても薄いものになってしまう。

大手ハウスメーカーでの経験から、ファーストプランから部材の選別、手配、そして職人との連携をひとりでこなしていく。だから、彼女の考えから現場はブレずに進んでいく。

職人は彼女の考えをしっかり理解して施工に臨む。

クライアントの絶大な信頼は、机上のプランに留まらない彼女の行動力に裏付けされている。建築の基本がしっかり身についているからこそ、自由な発想が具現化する。

クライアントの意向を踏まえて、現在から将来を見るのではなく、将来から現在を見ることで、ずっと長くいられるためにはと思考をめぐらす。

幼い時にお絵かき帳に「将来の自分の家の間取り」を書いていたという。いつも夢見ていたことだから、いつも心に自分の家のようにプランを組んでいくことができるのだろう。

やっとこういう女性建築家がでてきたことを誇りに思う。

株式会社レジナ
代表取締役 土田直樹